山梨県ウェブマガジン やまなしぃ

美食/Groumet

 

本格手打ちそば処 松扇

昔懐かしい茅葺屋根の下で、
最高の贅沢を召し上がれ。


本格手打ちそば処 松扇は、2007年に西湖根場にいやしの里店をオープン。茅葺屋根の古民家で、日本の伝統食を味わえるということで人気を呼んでいます。

松扇のそばは店内にある石臼で毎日製粉し、新鮮な挽きたてのそば粉を使用した打ちたてのそば。香ばしく、コシが強く、ほどよい喉ごしの“ 本物のそば ”が味わえます。

テレビを始めとした各メディアでも多く取り上げられ、NHK「男の食彩」でそばがき料理を指南したことも。
日韓ワールドカップの際、韓国のKBSが日本の伝統料理「手打ちそば」として松扇のそばが紹介され、話題となりました。


石臼自家製粉のこだわりそばと創作料理
和と洋の美食の響演


石臼で挽く前のまだ殻をかぶった状態の実を“ 玄そば ”と言いますが、松扇では、玄そばに国内産最高級品を使用。つゆには最高級本鰹を使用しています。また、つなぎも極小に挑戦しています。
最高級で、しかも化学調味料を一切使用しない自然食にこだわっているからこそ、松扇のそばは“ 本物 ”と言えるのです。

さらに松扇ではそばだけではなく和と洋を織り交ぜた創作料理が人気で、根強いファンが多いと聞きます。

彩り豊かに見た目も美しい創作料理を生み出したメインシェフは、なんとフレンチ出身。そばとフレンチという、異色のコラボが意外なほどマッチして、美食のハーモニーを奏でます。

それでは、松扇の創作料理の一部をご紹介します。

写真上から
●かわりそば
●そばがゆ
●そばがきのトマトソース仕立て
●そばがきのパリ風
●そば豆腐
●そばがきのあんかけ仕立て
●そばがきの海老と獅子唐の包み揚げ
●天ぷらせいろ
●つけ鴨せいろ
●そばがきの揚げだし
●梅おろしそば
●せいろそば


これだけでも充実したメニューラインですが、その他そばを使ったスイーツやいやしの里限定「いやしの里四季弁当」等もあります。

松扇でしか味わえない、シェフの創意溢れる創作料理と本格手打ちそばの響演をぜひ一度ご堪能ください。


本格手打ちそば処 松扇 いやしの里店

〒401-0332
山梨県南都留郡富士河口湖町西湖根場2710 西湖いやしの里根場内
電話:0555-28-5300
営業時間:9:00~17:00
定休日:年中無休