山梨県ウェブマガジン やまなしぃ

美食/Groumet

 

こんにゃく懐石 一粒

富士の麓に広がる
美しい集落で、
カラダが喜ぶ懐石料理に
舌鼓を


こんにゃく懐石 一粒(いちりゅう)は、富士の麓に生まれた話題の観光スポット「西湖いやしの里 根場」に暖簾をかまえる料理処。日本の原風景ともいえる美しい茅葺屋根の集落で、「こんにゃくを主役にした京風懐石料理」をテーマに数々の逸品を提供しています。

開店以来、テレビ番組でも取り上げられるほど話題となった一粒のこだわりは、これまでどちらかといえば脇役として扱われることの多かったこんにゃくをメイン食材として扱っていること。こんにゃくの揚げ物やお刺身こんにゃく、おかかこんにゃくごはんといった新感覚の旨みが満載された「こんにゃく遊膳」(\1,500)のほか、こんにゃく遊膳にこんにゃくうどん等2品を加えた「もみじ膳」(\2,100)も大人気です。ほぼあらゆるメニューで100%山梨県産のこんにゃく芋を使用した新しい懐石料理のかたちを提案して、今までにない豊かな食感と味わいをひきだしています。


おなかいっぱい食べても
ダイエット!?
セラミドの力で
内側からキレイになる


はるか昔から日本人の食を担ってきたこんにゃく。超低カロリーでダイエットにぴったりということは以前からよく知られていましたが、最近ではその美容効果も大いに注目されてきました。その秘密はセラミド。化粧水などに配合されている美容成分のひとつとして知られるセラミドには、お肌の角質細胞同士をつないで保湿機能を高めてくれる働きがあるのです。また、メラニンの合成をおさえてシミやシワを防ぐ作用もセラミドが持つ特徴のひとつといえます。

そんな“ 美肌の味方 ”をたっぷり含む食材のひとつがこんにゃく芋。含有量は小麦や米の7~15倍(!)にも達するといわれています。せっかくの旅行だからダイエットのことは忘れてたっぷり料理を楽しみつつ、しかもカラダの内側からキレイになる・・・。そんな、ちょっとわがままな願いにも深い味わいを添えて応えてくれるのが、一粒の懐石料理なのです。

お店で味わえるメニューだけではありません。一粒では、天ぷらや揚げ物といった各種献立にぴったり合ったこんにゃく食材もそれぞれお土産として販売しています。季節の味わいを活かした絶品こんにゃく懐石を、これまた季節によって違った表情をのぞかせる美しい集落で味わうひととき。旅の思い出をいっそう豊かに彩ってくれるそんな新しい食のスポットとして、ぜひ訪れておきたい料理処ではないでしょうか。


いやしの里店

〒401-0332
山梨県南都留郡富士河口湖町西湖根場2710 西湖いやしの里根場内
電話:0555-25-6610
営業時間:10:30~16:00(オーダーストップ)
定休日:木曜日