山梨県ウェブマガジン やまなしぃ

住まい

 

ふるさとへの想いを住まいで表現する県下最大のライフプランナー集団

ふるさとへの想いを住まいで表現する県下最大のライフプランナー集団であり「ハイパー工法」が魅力万全のサービス体制も信頼につながるカトリホーム(株式会社加取)を今回ご紹介いたします。


住宅メーカーの
枠を越えた使命感


ゆりかごからゆりかごまで――。

人生のなかで訪れるあらゆるステージに応えられるような住環境をご用意することこそ、地域に密着した住宅メーカーの使命でもある。そう話してくれたのが、(南都留郡)富士河口湖町に本社を構えるカトリホーム(株式会社 加取)です。

2×4と木造軸組みを融合させた『ハイパー工法』をはじめとする数々の独自ブランドとともに、これまで県内で圧倒的な実績を築きあげてきた同社のハウジング部門。しかし、「むしろカトリホームが創業以来変わらず目指してきたのは、単なる住宅づくりの枠を越えたライフプランの提案なんです」と、つくり手としてのポリシーを語ってくれたのが、同社営業統括部長の川口甲二氏でした。

顔の見える
信頼関係づくりこそ


住まいを提供するということは「一生のお付き合いをしていくということ」。同社が話す通り、資金計画から設計施工を経てアフターサポートやリフォームまで、家づくりのなかで生まれるすべての工程を社内で対応していける事業基盤の強さは、住宅そのものの商品力とともにカトリホーム大きな魅力と言えるでしょう。

たとえば資金計画ひとつとっても、県内の大手金融機関向けに講義を行うほど著名な社内の住宅ローンアドバイザーがていねいにサポートしていきます。また、工事前には施主とすべての施工業者が一堂に会する『住まいの工程会議』を実施。作業者の一人ひとりが担当工事の内容を施主に直接説明したうえで、質問などにもその場でお答えすることによってゆるぎない安心と安全、ひいては信頼関係を生みだしていくためです。

アフターサービスやリフォームも同様。同社ではリフォームを専門の独自ブランド『萬屋本舗』をたちあげて、細かいリクエストに応えていくという徹底ぶりをみせています。


たしかな事業基盤を背景に、それぞれの分野で活躍するプロフェッショナルたちが“顔の見える状態”で信頼づくりを行っていく姿勢こそカトリホーム流と言えるのかもしれません。その姿勢は、意匠設計士5名による「設計士ドリームチーム」がデザインコンペを行うことで、世界でたったひとつのデザイン住宅を実現していくという同社の最上級ブランド『デザインホームジャパン』にもよく表れています。

デザインホームジャパンは「本格的に自分流のライフスタイルに合わせた住まいがほしいけれど、限られた予算しかない」という方々のために、設計のプロ集団である5人の設計士があくまで限られた予算に合わせ、自分流の様々なこだわりを、様々な観点から設計コンペ提案することにより実現させるもの。

また、デザインホームジャパンでは「自分流の住まいがまだイメージ出来ていない」と言う方のために、普通のモデルハウスでは体験できない自由空間ホームシアターのある地下室、休日をゆったり過ごすための造り付けのバスルーム、さらには中庭など、様々な演出がなされたなかで住まいを半日体感できる、予約制の、VIPな執事付ショールームまで用意されているのです。


人それぞれの
“住まうカタチ”があるから


住宅づくりだけではありません。賃貸不動産、介護・食事サービス付き高齢者専用賃貸住宅、住み替え支援、さらには県外の人々による富士山麓への移住と理想の田舎暮らしを総合的にサポートする二地域居住支援事業『富士リゾート倶楽部』、etc…。

山梨に住まう人々のライフスタイルに対応したこれら豊かな商品ラインナップは、「ライフプランナー集団としてお客さまのライフステージごとにどのようなお手伝いができるのかを、当社のなかで問いかけ続けてきた結果」といいます。

そのためカトリホームのライフプランニングでは、同社グループ事業部「アパマンショップ河口湖」が窓口に。学生向けの賃貸物件にはじまり、社会人一年生として実家から賃貸アパートへの住み替え、結婚に合わせた1LDKから2LDKへの住み替え、子供が増えたことによる2LDKから3LDK、さらには賃貸アパートから中古・新築住宅への住み替え、そして老後の介護支援型賃貸住宅への住み替えなど、あらゆるライフプランに沿って最適な住み替えを提案していきます


同社アパマンショップにはこれら賃貸・不動産・住宅の部門ごとに専任アドバイザーがおり、生涯のなかで人それぞれに変化していく“住まうカタチ”をご一緒に探していくのだといいます。また、老後までのお付き合いを掲げる同社では介護・食事サービス付高齢者専用賃貸住宅「ウェルライフヴィラ河口湖」も運営。老後にお一人の生活になってしまった方は、前述のアパマンショップが住まいを一般賃貸住宅として借り上げ、その賃料と年金で介護・食事サービス付の賃貸住宅への住み替えることができるのです。


ふるさととの絆は
さらに強く、深く


もちろん、盤石な事業規模を持つ住宅メーカーだけが実現できる魅力的な価格設定も、他の追従を許さない大切なポイントでしょう。アパート家賃よりも安いローンで、しかも「頭金なし」「ボーナスなし」で、土地付新築住宅への住み替えによる“ちょっとリッチなライフスタイル”を提案していけるのがカトリホームの強さです。

創業45年周年にあたる今年からは驚異的な価格設定を行った新商品も発表。これは「目下のようなデフレ時代だからこそ、最良の価格帯で信頼できる優良住宅を手に入れていただきたいのです」という、勝俣喜久男 同社代表取締役社長の強い願いがこめられた住宅でもあります。

たとえば家賃5万円でアパートに住んでいた方が月額3万円のローンで土地付新築住宅を手に入れられたら…。その差額2万円は、家を持ちながら家族旅行や子供の教育資金、あるいは習い事など、住まう人の考え方次第でさらに豊かなライフスタイルの広がりにつなげることができるからです。


県内最大規模の住宅メーカーであるという強みを、単なる売上の“拡大”ではなく、一人ひとりの顧客と築く信頼関係の“深さ”に変換してきたカトリホームの 45年間。いつでも山梨県に寄りそってきた企業だけが持つふるさとへの強い想いこそ、地域で幸せに生きるライフスタイル実現の源と言えるのではないでしょうか。


山梨県南都留郡富士河口湖町船津 7518
電話 0555-72-3700
FAX 0555-72-0965

「山梨県内の住宅メーカーをもっと詳しく知りたい!」。数多くのユーザーから届いたそのようなリクエストをもとに、『 不動産ネット山梨 』では今回、山梨県内の超優良住宅メーカー20社をご紹介することとなりました。
本企画はいわば“2010年の山梨県版住宅白書”。安心安全の施工技術はもちろん、エコ対応、アフターサービス、魅力ある素材や工法など、あらゆる視点で評価し、住宅メーカー、工務店、建築設計事務所などの最高品質を持つ住宅サプライヤ20社を厳選しています。