山梨県ウェブマガジン やまなしぃ

恋愛/Love

 

「生理的に駄目」ってありますか?(後編)

素敵な彼との意外な結末。まさか私から断ることになろうとは・・・

待ち合わせは彼の住んでる最寄りの駅だったので、「もしかして、そうかな」って思ったんだけど、ちょっと意外でもあったの。だってまだまだいくらでもデートコースは残っているし、そういう関係になったら話すことってもっと深くなるでしょ?「もし」私たちが一緒になったら、とか「もし」ほかの国行ったらとか。

彼の部屋はファッションでいっぱいで、写真もあちこち飾ってあって、いちOLの私にはほんとに新鮮なかんじだったの。ペットのフェレットは私にもなついてくれて、一緒に遊んだり、かなりいいかんじになったの。

いつも私たちは
“ いちゃいちゃする友達 ”という感じがしていたのね。話す内容がぜんぜん深刻にならないから。部屋に食事とか用意してあるといわれて、急に断れないし、ペットに会わせたいしなんていわれたら断れる人いないよね?なんだかんだ言っても意気投合してるにはちがいないから、やっぱり部屋でテレビとかみてたら、テレビなんてそっちのけでキスしてそして・・・・。あたりまえだけど、服を脱いだ彼を見たのは初めてだったのね、いつも外で会っていたし暑い季節じゃなかったから・・・そして私はまったく予期していなかった事態に遭遇したの。それは彼の首筋を手でなでたときに発覚したわ。

ん!?これはなに?この・・・え??ちょっとまって~~っ!
私は彼の肩にもじゃもじゃの毛を発見したの。注意する必要があるけどキスの最中よ!
あれ~~~ぇ~~~・・・?しゅぅ~るるる~~~~~(私の情熱の沈む音ね★)

その瞬間まで忘れていたけど、っていうかそういうのどう感じるかわからなかったけど、昔みた洋画で、頭のうすい人が肩にもじゃもじゃみたいなのが生えていたのをみて、そしてエッセイなどで「はげてくる人はその分胸に生える」とか読んだことがあったのが、すべてソウマ灯のように思い出されてしまい、まだ最終段階に至っていないのに私の恋は終わったのでした。

今を楽しむことすらもう無理になってしまった。ひどいかしら?性格じゃなくて容姿のほうが重要だなんて。これは容姿に違いないけど、どうしても無理。その日はそそくさと帰ることになったんで、彼が送ってくれてキスしてくれても、きっと私の眼は泳いでいたに違いないわ。
彼に気に入られることがとても重要だったデートの前にはもう戻れないの。 困った私は先輩に相談したわ。先輩曰く「あなたが彼の毛を『 あら、天使の羽が生えてる 』ぐらいに愛せればいいのにね♪」でした・・・って・・・・・私、そこまで飛躍して美しく想像するのは・・・・む・・・無理です。

その後彼とは会っても2回目が無理で、どうしてなの、なにか嫌なことしたの?って聞かれてもまともに答えられないありあさまで。連絡くれてもそのあと「しよう」って気にならないし(デートの前にすでにそれを考えている!)、友達にもどることもできないしし、会うのが困難になり、「また連絡する~」とあいまいにしてしまいました。

これっていつも男のほうに私が言われていたことじゃない?・・・と頭の片隅で思って罪悪感を感じながら、乗り越えられなかった自分を蹴飛ばす日々。それからは夏のTシャツ姿を忘れずにチェックしてからつきあおう、とおもうんですけど、実はこの体験がトラウマになって、次の一歩踏み出すまで時間がかかったの。聞いてくる人もいますよ、「どんな人がタイプ?」とか。当分「肩に毛のない人」が頭の中で1位を占めそう。先輩曰く、「いいじゃないの永久脱毛させれば」・・・・だって。そんなアドバイスいりません。人にそんなこと言えるわけないでしょう?それにどうせこの恋、遠距離で終わるし、国際結婚なんてするつもりもないしって、変な諦めさせ方を自分自身にいいきかせるしかなかった。もっと素敵な人がいるに違いないとしても、あんなイケメンとはもう付き合えないってわかってる。だって他に生理的にダメなところがあったら、自分が困るから。

ここまで体験するまで分からなかったのはかなりショックだったけど、わかってよかった。
こうして自分を知るたび、きっと運命の相手がきたときに“ ピン ”とくるに違いないと信じてる。ほかの皆もそうならいいなと思っています。