山梨県ウェブマガジン やまなしぃ

恋愛/Love

 

大人の魅力!夜に働く女性のビジネス

求められて生まれる仕事 求められて生まれる仕事

「夜の仕事」

そう聞いて皆さんは何を思い浮かべるでしょうか。
怖い、いかがわしいと思うでしょうか。
それとも、面白そう、興味があると考えますか。

色々なことを思う人がいると思いますが、1つ間違いないことがあります。
それは、この「夜の仕事」で生計を立てている人、ビジネスとして成功している人がいるということです。

一部の人にとっては未知の世界であることは間違いないでしょう。
しかし、ある一部の人にとっては大切な仕事であり、また他の人にとっては安らぎの場であることもまた事実。
当たり前の事ですが、ビジネスは需要と供給があって成立します。この仕事もまた、現代人のニーズに応えて誕生したものなのです。

中には悪事のようなビジネスもありますが、こうした夜の仕事を「イケナイ」「悪い」と否定するべきではないと思います。
人と関わる、触れ合うという最も難しいといえる仕事を、毎日のようにこなす人の労力と胆力は生半可なものではないでしょう。
もちろんこうした仕事をしている人が特別凄いというわけではありません。どんな仕事にも辛さや難しさがあり、応えるべきニーズがあります。

大事なのは過度な偏見を持たないことです。
「良い」と「悪い」。そうして全てを白と黒で分ける人は人生を上手く楽しめないでしょう。
心には余裕を持つべきです。すると見えなかったものが見えてくることがあります。
そうした安らぎを与えてくれる場の1つが、こうした夜の仕事なのです。

たった1度の人生です。いい言葉ではありませんが、運が悪ければ死ぬだけ---それが人間です。ならば楽しく面白く生きるべきなのではないでしょうか。

人生に安らぎと楽しさを与えてくれる夜の仕事=ナイトビジネスの世界を、少しのぞいて見てみましょう。


多様なナイトビジネスの世界 多様なナイトビジネスの世界

ナイトビジネスと聞くと、色々な店の種類を思い浮かべると思います。

●キャバクラ
ここではドレス・スーツ姿などの服装でお客様の横に座り、お酒を作りながら会話をします。容姿よりも話題が豊富な方に人気が集まる傾向があるとのことです。

●スナック
テーブル席には行かず、カウンター越しにお酒を提供、会話をする場です。

●クラブ
お客様1人に対して複数のホステスがつく店は一般的にと言います(クラブという名のスナックのようなお店もありますが、ここではクラブと呼称します)。

スナック、クラブの責任者を“ママ”と呼ぶのは、そこまで知識がない方でもご存知ではないでしょうか。お客様の年齢層は高く、豊富な話題と人一倍の包容力が必要とのことです。

●ガールズバー
最近のスナック、クラブ系統の店には利用者や従業員の年齢層が低いところもあるそうです。その場合はこのように呼称されます。

店舗を構えるとは別に、こちらから出張するタイプのサービスもあります。

●宴会コンパニオン
宴会やパーティなどに直接出向き、お酌とお話相手をします。
主に旅館やホテルなどでサービスを行い、服装もスーツ・ドレス等のほかにも会社によっては私服やコスプレを要求されます。

●チャットレディ
ネットの普及と共に誕生した新しいサービスです。ウェブカメラとマイクを使うことで自宅からでも利用できるのが利点であり、電話を使った「テレフォンレディ」のサービスも並行で行っているところもあるようです。

この他にも様々なビジネスが存在します。時代の流れで生まれた新しいものや、昔も今も変わらないものまで。ナイトビジネスもまた、時代の移り変わりの中でその形を変えてきた物の1つなのです。


人と人同士の関係というもの 人と人同士の関係というもの

今の社会、コミュニケーション力が必要だと盛んに言われます。ナイトビジネスではそれが特に重要視されているのは、ほぼ間違いないでしょう。

これらの仕事は人の話を聞き、そして的確な応答をしなければなりません。特に人の悩みという応答の判断が難しいものを、毎日のように応答しているのです。必要とされるコミュニケーション力は生半可なものではないでしょう。


意識の違いもあるかと思いますが、男性・女性ともに、本来は感情があってこそ会話が成立し、関係が芽生えるものです。異性の関係は愛があってこそ楽しめるものです。ナイトビジネスを行っている女性はお酒を提供することや、身や心を削ってサービスをすることで普段のビジネスでは想像もつかない苦労が多い場であることはもうおわかりですね。それ故に、上手な処世術を身に着け、メンタルが鍛えられ、たくましい方が多い傾向にあります。

どの仕事にも苦労はつきものですが、苦労を乗り越えれば乗り越えただけ大きな力を手に入れることができます。皆さんも辛く苦しい時には、もうひと踏ん張りしてみてください。それがちょっと難しいのであれば、少しだけ夜の世界で休むのも一つの手かもしれません。