山梨県ウェブマガジン やまなしぃ

映画/Movie

 

007/慰めの報酬

ただ一人愛した“運命の女”の死に隠された危険な陰謀。その復讐の果てに辿りつく、運命の報酬とは何か──?

ジェームズ・ボンド(ダニエル・クレイグ)は、かつてない怒りと悲しみに震えていた。初めて愛し、運命を共にするはずだった女ヴェスパーが自分を裏切り、自らの命を絶った。確かにそこに愛はあった・・・。彼女は闇の組織に利用され、操られていたのだ。

ボンドと彼の上司M(ジュディ・デンチ)は真相を暴くため、ヴェスパーを操っていたミスター・ホワイト(イェスパー・クリステンセン)を尋問する。彼の背後には、2人の想像を遥かに超える、巨大で危険な組織が存在してた。

捜査のためにハイチに飛んだボンドは、奇しくも知り合ったカミーユ(オルガ・キュリレンコ)という女を通じて、組織の幹部ドミニク・グリーン(マチュー・アマルリック)に接近する。グリーンの表の顔は、慈善団体グリーン・プラネットのCEO。主な活動は、環境保護のために土地を買収する公益事業だ。

ボンドは、物腰も穏やかなこの男の、恐るべき陰謀を突き止める。グリーンは、ボリビアの現政権を転覆させ、組織の息のかかったメドラーノ将軍に新政権を握らせ、その国に眠る貴重な天然資源を完全支配しようとしているのだ。それに成功すれば、やがては世界の支配にもつながっていく・・・。Mがボンドに与えた任務は、グリーンの陰謀を完璧に阻止すること。ミッションを遂行しながらも、心に刻まれた傷の痛みが、ボンドを復讐へと駆り立てる。

一方、勝気で謎めいた女カミーユも、ボンドと同じように、愛する家族の命を奪われた過去を秘めていた。彼女はその日から、復讐のためだけに生きてきたのだ。傷ついた心を慰めあうかのように、2人は行動を共にし、次第に惹かれ始める・・・。グリーンの計画は着々と進み、CIAや英国政府の人間すらも取り込んでいく。私的感情により理性を失いかけた状態で、ボンドは任務を果たすことができるのか?!

ボンド、カミーユ2人の復讐の行く末は? そしてその先にある〈慰めの報酬〉とは?

●監督:マーク・フォースター
●出演:ダニエル・クレイグ、オルガ・キュリレンコ、マチュー・アマルリック ほか

配給:ソニー・ピクチャーズ エンタテインメント
丸の内ルーブルほか全国にて絶賛公開中
上映:グランパーク東宝8、甲府武蔵野シネマ5
© Quantum of Solace 2008 Danjaq, LLC, United Artists Corporation, Columbia Pictures Industries, Inc. All Rights Reserved.