山梨県ウェブマガジン やまなしぃ

映画/Movie

 

オーシャンズ

それは、ある少年の一言から始まる 「海ってなに?」
製作費70億円。「アース」「ディープブルー」を超える、
史上最大のドキュメンタリープロジェクト発動!!

「海とは─」本プロジェクトはそんな途方もない問いかけに答えるための人類の挑戦であり、“海”という名の大いなる生命体の知られざる奇跡と、そこに息づく驚異の生物たちに出会うための時空を超えた旅である。 構想10年、撮影期間4年、世界50ヶ所、撮影70回、そして100種の生命たち─『アース』製作費の40億円をはるかに超えてドキュメンタリー映画史上最高の70億円を投じ、かつてない「海と生命の物語」、『オーシャンズ』が遂に完成! 監督は、フランスの国民的俳優でありながら、ネイチャードキュメンタリーの世界に魅了され前作『WATARIDORI』('01)で飛行する鳥に並走して撮影するという斬新なスタイルを確立したジャック・ペラン。最高のスタッフと最新の技術を結集し、本作のために開発された世界初の各種テクノロジーに支えられ、前人未到の大迫力の映像を捉えることに成功した。波立つ海上を疾走する魚たちを追いかけながらも全くブレずに水平な映像を捉えることを可能にした、世界に一台しかない海のステディカム、"テティス"。海中を猛スピードで迫り来る魚の大群を正面から捉え、群れの生態を行動学的に初めて明らかにした魚雷型カメラ"ジョナス"。光が届かない海底の"自然な状態"を映し出すため、水中ではなく、水上に設置された超巨大照明システム。生き物たちに気づかれることなく近撮を可能にした遠隔操作の無音小型ヘリコプター、etc・・・。

これら最新機材を抱え世界に散らばった12名のカメラマンとそのスタッフたち。彼らは、奇跡の一瞬に出会うために飽くなき努力を重ね、信じがたい時間を待ち続けた・・・。 ザトウクジラの群れによる狩りは船上で18週間、世界の終末かと錯覚するほどの"完璧な嵐"をとらえるのには3年を費やし、さらには、前人未到の極北の地で終わりの見えない長期キャンプも敢行。有人潜水艦の限界に迫る18000フィートの深海での撮影にも挑戦した─。

●監督:ジャック・ペラン&ジャック・クルーゾー


配給:ギャガ powered by ヒューマックス・シネマ
大ヒット上映中!
上映:グランパーク東宝8
© 2009 Galatée Films – Pathé – France 2 Cinéma – France 3 Cinéma – Notro Films – JMH-TSR