山梨県ウェブマガジン やまなしぃ

映画/Movie

 

コララインとボタンの魔女

世界中の人々を夢中にさせた
『ナイトメアー・ビフォア・クリスマス』の監督が、
アニメーション映画の
未来への扉を開く――

今、想像をはるかに超えた、新しいファンタジーが始まる―― !
1993年に公開されて以来ずっと、世界中で愛され続けているアニメーション映画『ナイトメアー・ビフォア・クリスマス』。奇想天外なストーリーの中で、自分らしく生きることの大切さを教えてくれるこのファンタジーは、国境や世代を超えて熱狂的なファンを獲得し続けている。
そんなファンタジーの金字塔を打ち建てた監督ヘンリー・セリックが、待望の最新作を完成させた。アニメーションの未来への扉を開くかつてない映像と、ダークなのに愛らしい唯一無二のキャラクターたちが繰り広げる、ビタースイートなめくるめく世界。ワクワクせずにはいられない、想像を超えた新しいファンタジー映画の誕生だ。

ドアのむこうは、素晴らしき偽りの世界――。 原作は、2002年に出版されるや、NY タイムズのベストセラーリストに名を連ね、数々の賞を受賞した「コララインとボタンの魔女」。日本を始め30カ国語に翻訳され、子供はもちろん、大人たちをも虜にしたファンタジー小説の傑作だ。
主人公の少女コララインは、引っ越してきたばかりの家で、封印された小さなドアを見つける。それは、驚くべき“ もう1つの世界”への入口だった―。扉のむこうでコララインを待っていたのは、心躍るサーカスやミュージカル、花が咲き誇る美しい庭、そして優しくて、コララインの願いを何でも聞いてくれる“ 別の”ママとパパだった。
ただ一つ奇妙なのは、ママもパパも、目がボタン・・・。「こっちの世界の方が、全然素敵!」楽しくて、 夜ごとドアを開けるコラライン。しかし、ある日、本物の両親が消えてしまった。
彼女が、すべてはワナだと気付いた時、恐るべき冒険が始まる──。

●監督・脚本:ヘンリーセリック


配給:ギャガ powered by ヒューマックス・シネマ
2010年2月19日(金)
(C)Focus features and other respective productions studios and distributors.