山梨県ウェブマガジン やまなしぃ

特集/Special

 

2012 ミス・ユニバース・ジャパン山梨大会

世界一の女性」をめざす美の祭典「2012 ミス・ユニバース・ジャパン山梨大会」(アイビージージャパン、ティーチ・ラーン主催)が1日、甲府富士屋ホテルで開催され、ステージ上で美しく、艶やかに競い合いました。
ミス・ユニバース・ジャパンとは「世界に通用する外見・内面を兼ね備えた美女」を目指す日本女性をプロデュースし、その成長プロセスを描く、年間を通じての美の祭典。外見の美しさに加えて、「知性」「感性」「人間性」「内面の美」「自信」の5つが審査基準となります。

同大会は2年前から地方大会を行い、今回は全国17ヵ所での地方大会と東京でのオーディションを開催しています。
また、今大会には山梨県出身のシンガー・ソングライターである erika さんが応援に駆けつけ、審査中その歌声を披露して下さいました。
県内初開催となる今大会には、県内外から102名の応募が集まり、オーディションを通過した12名が出場、そのうち3名が県内在住者。

まずは着物を羽織った、優雅であでやかな姿で登場。軽やかなステップと笑顔で出揃った姿はまさに圧巻。
ウォーキングや自己PR、フォーマルドレスに着替えての質疑応答などによって、見た目の美しさのみならず、知性や内面の美しさなどを各人が存分にアピール、審査が行われました。

3日間のビューティーキャンプ山梨でトレーニングを積んだという彼女達。ウォーキングはもちろん、それによってついた自信に溢れた笑顔で周囲を魅了。自己PRでは今勉強している事、学んだこと、自分の内面など様々な角度から自分をより魅力的に、個性的にアピール。

2011 ミス・ユニバース・ジャパン」の神山まりあさんも審査員としていらっしゃっており、その洗練されたウォーキングを披露してくださいましたが、やはり別格。
今回のエントリーした彼女達も、美しいけれどまだまだこれから。成長の可能性を感じさせられました。

いよいよ審査のとき。審査委員長に名前を読みあげられた瞬間、ウィナーに選ばれた参加者の信じられないという表情、笑顔は、今大会で一番輝いていました。
そんな栄えあるウィナーには県内在住の大学生清水絵夢さん(20)が見事選ばれました!

山梨大会の結果は以下の通りです。

ウィナー:清水絵夢さん(20)
特別賞:松本沙樹さん(20)

清水さんは「地元である山梨代表になることが出来て嬉しいです。私なりに頑張りましたが、まだまだ通過点。いたらない点は多いですが日々笑顔を振りまいて、これから皆さんの期待に沿えるよう努力します」と語りました。

山梨大会でウィナーを獲得した清水絵夢さんは、来年4月に大阪で開催される日本最終選考会に、山梨代表として出場することとなります。


入賞された、清水絵夢さん、松本沙樹さん、本当におめでとうございます。