山梨県ウェブマガジン やまなしぃ

特集/Special

 

国文祭×萌フェス ~山梨アイドルフェス~ in 県庁

県庁にアイドルが大集合!ついに実現!山梨アイドルフェス 県庁にアイドルが大集合!
ついに実現!
山梨アイドルフェス


2013年11月3日(日・祝)、やまなしプラザ県民ひろば(県庁防災新館ステージ)で「国文祭×萌フェス ~山梨アイドルフェス~」が開催されました。

朝10時開演で、少し肌寒い気温でしたが、お目当てのアイドルを見に東京や静岡から駆けつけてきたファンや、アイドルのサイン入りTシャツを着たファンなど、ステージの開始を今か今かと心待ちにしている様子でした。

この日出演したのは4つのアイドルグループ。東京都からスマイル学園38mmなぐりーず(さんぱちなぐりーず)、静岡県から3776(みななろ)、山梨県から萌きゅんエンジェルが出演。

隣県のアイドルが山梨県に大集合!アイドルイベントやサブカルイベントが乏しかった山梨県に、そんな夢のような共演がついに実現です。甲府市も秋葉原のようなアイドルが活躍する街になったら、もっと魅力的な街になりますね!

イベントのオープニングでは、出演するアイドルがステージに勢ぞろい。

これだけ大勢のアイドルが集まって対バンライブをするのは山梨初!この日の県庁と平和通りは、若さあふれるキラキラした空気と萌え~に満ちていました。


スマイル学園(東京都) スマイル学園(東京都)

この日、1グループ目のアイドルはスマイル学園。「世界中を笑顔にする」をコンセプトにライブやイベントを行っているアイドルユニットです。そのコンセプトのもと、まずは“ 日本中を笑顔に ”47都道府県でライブを目標に活動しています。

サイン入りのTシャツを着たファンや、ステージが始まるのを心待ちにしていたファンからは、大きな歓声があがります。

今回出演したメンバーは、小西ねねさん、内田美衣さん、北村真珠さん、田谷菜々子さん、羽矢有佐さん、永島穂乃果さん、岡崎苺さんの7人。

チェックのスカートがあっちにひらり、こっちにひらり・・・。
おそろいの赤いチェックのスカートと、さわやかな黄色のシャツがまぶしいですね。
かわいいだけでなく、パフォーマンスもハイレベル。ステージ上を駆け回りジャンプするパフォーマンスには、魅了されます。


38mmなぐりーず(東京都) 38mmなぐりーず(東京都)

2グループ目は、38mmなぐりーず。
小劇場を拠点にライブや演劇などを行っている、「歌って踊って演技もできる!」小劇場アイドルユニットです。なんと、メンバー全員が女優のアイドルユニット。アイドル活動と女優活動を同時に行い、幅広く活動しています。

7人で活動していて、今回出演したメンバーは、佐山花織さん、石井舞さん、山崎未来さん、氏家綾乃さん、三谷奈津子さんの5人。

普段は東京の小劇場でライブを行っており、なんと今回が東京都外初進出。初めてが山梨県だなんて嬉しいですね!

女優活動もしているだけあって、歌、ダンスの表現力は抜群。会場との掛け合いなど、全体を巻き込んで行うライブに、小劇場にいるかのような感覚を覚えます。
まるでミュージカルのような迫力あるステージでした。


3776(静岡県) 3776(静岡県)

3グループ目は、3776。富士山のアイドルユニットです。
ユニット名は富士山の高さからとって数字で「3776」と書いて、「みななろ」と読みます。富士宮を拠点に活動しています。

今回出演したメンバーは、三本真梨さん、望月玲那さんの2人。

富士山の世界遺産登録と共にデビューしたので、富士山にちなんだ曲が多いのが特徴です。「富士山」や「世界遺産」などなかなかアイドルソングには登場しない単語が入った個性的な歌詞が静岡県民も山梨県民もみんなで楽しめます。

ダンスや、曲中のセリフの掛け合いも、二人の息がぴったりと揃っていました。

2人のステージを見ているとまるで中学生や高校生の時の放課後のような初々しく楽しい気分にさせてくれます。クラスメイトにこの2人がいたら、毎日が楽しくなりそうですね。


萌きゅんエンジェル(山梨県) 萌きゅんエンジェル(山梨県)

アイドルでボカロPの萌きゅんエンジェルの出番です。この日はアイドル活動2年目を迎え、2期生が加わりパワーアップしたエンジェルたちの2期生デビューライブです。

●1期生
唇のびーる ゆかぽ先生
1期生は黒い衣装に身を包んでいます。会場に投げキッスをするのに夢中になってるキス魔で知られているゆかぽ先生。

ドーナツ大好き もも
「ドーナツ旋風~~」ドーナツを振りかざし、もものキュートな電波ボイスはもうお馴染みですよね。

●2期生
萌きゅんなのに武闘派 はづき
空手黒帯のはづき。2期生のリーダーを務めています。マイクがオフの時は実はハスキーボイス。

美少女大好き まい
美少女が大好きで女子萌えしちゃうまい。それがアイドルになった理由。話し方がゆっくりで、まいだけにとってもマイペース。

見習い魔女 ミサミサ
魔女になるために日々研究を重ね、間違ってアイドルになってしまったミサミサ。かなりドジっ子。アイドルも魔性は必要!?

ちょっとエッチなお姉さん サミー
網タイツがセクシーなサミー。アイドルなのに自分の事をエッチと言い、控室ではアダルト発言が多いオネエさま。

日本大好き!中国出身 ライ
なんとエンジェル初の外国籍メンバー。留学で来日した翌月にはアイドル活動を開始した親日家のライ。日本語の上達早すぎっ。

いつもハイテンション なな
最年少のなな。ダンスはエンジェル内最強の呼び声が高い。ご機嫌な時は突然エビぞりジャンプしちゃいます。


萌きゅんエンジェル
2期生デビューライブ


ステージが始まる直前に、円陣を組むメンバー。今回は、踊ってみたで一般参加する学生さんも一緒です。
掛け声はおきまりの「どっきゅん、萌きゅん!」。

ライブは、お約束の電波ソングから始まります。ボーカルの1期生のももと2期生のまいは、萌きゅんエンジェルきっての電波ボイス!とても心と脳内に響きますね。

そして山梨初!『チルノのパーフェクトさんすう教室』踊ってみた!の収録。

これは、メンバーと観客が一緒に踊って、その様子をYouTubeに投稿しよう、という企画。振り付けの練習を1回行い、本番の収録に挑みます。

踊ってみた収録の様子は、YouTube の「山梨初「チルノのパーフェクトさんすう教室」踊ってみた!」をご覧ください。

ラストナンバーは、11月1日にリリースしたばかりの新曲『もう、うんざり』。掛け声やセリフがちりばめられた明るく楽しい電波系ソングです。

ゆかぽ先生、もも、はづき、まいの4人で歌い、電波らしくセリフの掛け合いパートが多く、アイドルらしからぬおかしな振付が特徴です。ニコニコ動画では4曲同時リリースした新曲の中でも一番人気です。

萌きゅんエンジェルが歌い終わると、出演した全てのアイドルがもう一度ステージに勢ぞろいしフィナーレを迎えました。

ライブ終了後は、それぞれのアイドルグループがファンサービスを行い、ファンと交流を深めていました。
30分間のステージをこなした直後だったのですが、疲れを全く感じさせない、キラキラとした笑顔はさすがアイドル!ファンもアイドルに負けないくらいのうれしそうな笑顔で、会話や握手などの交流を楽しんでいました。


翌日の11月4日(月・振)は、アイメッセ山梨で開催された「クールジャパンヤマナシ2013」があり、今回の「山梨アイドルフェス」に出演したスマイル学園の派生ユニット、UNDER FACEと、萌きゅんエンジェルで「アイドルスペシャルライブ」が行われました。

11月3日、4日と、山梨では2大アイドル祭りの連休となりました。1年間にわたって開催した国文祭のフィナーレと重なり、お祭りムードは最高潮を迎えました。
山梨県でもサブカルチャーが発展しつつあります。今後のさらなる発展を期待せずにはいられません!


第28回山梨県国民文化祭実行委員会事務局
電話 055-223-1846【受付時間】平日 8:30~17:15
アイドルとサブカルの祭典。山梨県からクールジャパンを発信する情報ポータル。
※お問い合わせは、公式ホームページのお問い合わせページよりご連絡ください。